ブログ

施工管理の仕事とは?

施工管理の仕事は、建設現場で行われる工事の工期を守ったり、予算の管理や現場で働く人達の安全管理などを行なうものです。

工事現場では、様々な工事が色々な人の手で行われていきますが、工事の規模が大きければ大きいほど複雑になり多くの人が工事現場に出入りすることとなります。

そのため、施工管理の仕事に携わる「施工管理技士」という人が、現場の管理や監督業を中心に、発注者と進捗状況などの報告や打ち合わせを行なうこととなります。

このような施工管理の仕事は、「施工管理技士」という国家資格を取得することが必須となり、施工管理技士にも「建築施工管理技士」「土木施工管理技士」「管工事施工管理技士」という風に、工事の種類によってより専門となる管理技師の資格があります。

 

施工管理の仕事は、実際に工事現場での作業が開始される前からスタートすることとなります。

まずは、施工に関するスケジュール作成から、重機の手配、職人をどのくらいどこに配置するのかなどの予定をたてていきます。

工事がスタートすると、施工前に計画した予定通りに作業が進んでいるのかなどを管理し、進捗状況の修正といった調整を行っていくというのも仕事となります。

お問い合わせはこちらから

pagetop