ブログ

水処理のプラント工事は、環境のために役立つ技術

株式会社クリーンテクノスでは、埼玉県久喜市で、各種水処理のプラント工事の施工管理を行っています。

人が生活をする際には、台所やお風呂場、洗濯機からは生活排水(雑排水)、トイレからは汚水が生まれます。

また、産業活動において、例えば、工場などで物づくりをしたり、製造する際には、ボイラーや冷却装置を通った水が工場廃水となります。汚水や排水を環境に影響を及ぼさないように処理するのが水処理の1つです。

水は地球の資源です。

水処理技術は幅広く管理の内容も幅広く、汚れた水を綺麗にするだけでなく、海水を真水に変えたり、製品として使用する水を作る、産業活動において純度の高い水を作り出す、電気ポットなどに付着するスケールがプラントやボイラーに付着しないようにする技術なども水処理に関わる管理に含まれます。

下水処理を例に挙げると、地面に張り巡らされた下水管を通って下水処理場に集められた汚水は、数々の工程を経て、ゴミや砂、細かい汚れを取り除き、微生物を使用して水きれいにし、消毒を行った上で川や海に流され、この水がまた雨を降らし、人間の生活に恵みをもたらします。

(参考:公益財団法人 日本下水道協会)

きれいな水に囲まれて生活できるのは、日本人には当たり前のことですが、使った水も資源としてきれいに処理されるからこそ、水を安心して利用できるのです。

水処理のプラント工事のことなら、実績豊富な株式会社クリーンテクノスにご相談ください。

お問い合わせはこちらから

pagetop