ブログ

施工管理に関する資格について

施工管理に関する主な資格としては、建築施工管理技士があります。この建築施工管理技士には1級と2級の資格があります。これらはどのように違うのかご存知でしょうか?

多くの他の建設業系の資格と同様に、1級の資格というのは制限なくその分野の業務にあたることが認められて付与されることを意味します。施工管理の仕事においても、1級施工管理技士の資格は、大型のショッピングモールや高層ビルなど複雑な建設業の工事にも対応することができます。これに対して、2級施工管理技士の資格は、中小規模の建設業の工事に対応することができます。つまり、両者の主な違いは、担当する現場の規模(厳密には少々複雑で一概に言えないこともありますが、大きくそのように区分されます)ということになります。より質の高い施工管理を担当することができるためには、多くの施工管理従事者は1級資格を目指すものです。

埼玉の久喜では、株式会社クリーンテクノスでは、機械器具設置工事、施工管理、監督に関する業務をさせて頂いております。また、現在弊社では求人を募集しておりますので、ご興味のある方は是非一度ご連絡頂ければと思います。

お問い合わせはこちらから

pagetop